新着情報
世界遺産 2017.01.05[木]世界遺産(レバノン・バーレーン・カタール・アラブ首長国連邦)を追加しました。
海外渡航先 2017.01.05[木]海外で訪れた地域(レバノン・クウェート・バーレーン・カタール・アラブ首長国連邦)を追加しました。
国内渡航先 2017.01.05[木]日本で訪れた地域(埼玉県・三重県・大阪府・沖縄県)を追加しました。
エアライン 2017.01.05[木]利用したエアラインを追加しました。
登山 2017.01.05[木]登山を追加しました。
ホテルランキング 2016.12.12[月]ホテル・旅館ランキングを更新しました。

谷孝祐氏のブログ
思考を嗜好として楽しめる方向け。
感覚的に捉えられる方も!

毎日の出来事から気づきを得たい方は、ヒント満載です。ぜひ登録を!
「しこうの楽しみ」会員制配信型ブログ » http://honsitu.com/

このサイトを訪れて下さったあなたへ
旅、、、
それには一体どのような意味があるのでしょうか。

人類の歴史をみてみても、目的はどうであれ人には旅をする本能的欲求がそなわっているではないかと思います。

シルクロードでの交易にせよ、大航海時代にせよ、
マルコポーロにせよ、松尾芭蕉にせよ、
旅することが宿命づけられているかのようですらあります。

異文化とふれ、交流し、新たな世界観を自分自身の中に構築し、そしてそれを伝えていくことの中に本質的な旅の価値があるのかもしれません。

そういった先人がいたからこそ、今の文明が発展してきたとも言えるでしょう。

現代はそのような時代に比べたら圧倒的に安全に旅を楽しめる環境が整いましたが、その本質的なエッセンスは失われていないのではないかと思います。

旅のしかたによっては、そのエッセンスを余すところなく享受することができるでしょう。

そのように考えると、多くの人が縛られている土地や日常や意識から解き放たれ、自由を享受する旅をするべき時代がやってきたのかもしれません。

人は同じ生活パターンの繰り返しに慣れてしまうと、物事を判断する力を知らず識らずの間に手放してしまう傾向があるようです。

それは良くも悪くも脳がパターン認識によって楽をすることで起こることのようです。

想像もしなかった素晴らしい景色や、自分の常識が通用しない環境、心をふるわせるような体験の数々は、そういった脳を刺激して、自分が気づいていなかった自分の可能性を見せてくれることすらあるでしょう。

そこまででなくとも、旅は心の栄養となり、生きる意味を見出す助けになるかもしれません。

そんな旅を続けていて感じること。

それは、その瞬間が明確に記憶に残ることによって、そしてそれが蓄積することによって、自分が生きている実感が増してくることです。

旅を通じて人生という本当の旅をより有意義なものに高めていければ幸いです。

そんな価値観で訪れた旅先の数々をこのホームページでお楽しみいただき、ちょっとしたヴァーチャルトリップのきっかけに、また実際の旅行計画の参考にしていただければ嬉しいかぎりです。

© 心の旅路 All Rights Reserved.